モンゴル旅行の魅力を紹介!おすすめの観光地や治安など7項目の評価で徹底解説

 

モンゴル国
(Mongolia)

見どころ5点広がる草原。満天の星空。砂漠
体験3点馬,ラクダ。登山ハイキング
安全度2点ウランバートルは危険度高め
食べ物1点羊、羊、羊
清潔さ1点悪い。水道がない場合もある
人の良さ4.5点厳しくも優しい
物価4点まだ安いが物価は上昇中

モンゴルは特別な魅力のある国だ。馬に乗って走るどこまでも続く草原

360度広がる満天の星空。生きているうちに一度は見たい光景ではないだろうか。

反面、モンゴル旅行では食べ物にはあまり期待できないし、衛生状態もよろしくない。楽で快適な旅行にはならないかもしれない。

モンゴルの見どころ・観光地 5点

草原星空。素晴らしい。5点。

モンゴルの世界遺産

モンゴルには4つの世界遺産がある。

  1. ウヴス・ヌール盆地(自然遺産)
  2. オルホン渓谷の文化的景観(文化遺産)
  3. モンゴル・アルタイ山脈の岩絵群(文化遺産)
  4. 大山ブルカン・カルドゥンとその周辺の神聖な景観(文化遺産)

この中で比較的訪れやすいのは、2つめのオルホン渓谷の文化的景観だろう。エルデニ・ゾーという仏教寺院が有名だ。

ウランバートルから車で約6時間。こちらを訪れるモンゴルツアーはよくある。仏教や歴史に興味のある方には良いだろう。

他の3つはどれもまだまだ訪れ難い場所にあり、日本からのツアーは中々見つからない。ただし、モンゴルでもっとも素晴らしい見どころは世界遺産とは別のところにある。

モンゴルの草原と星空

世界遺産という制度では、自然遺産や複合遺産は形のあるものしか指定されない。無形文化遺産というのもあるが、こちらは音楽や踊り・祭り・劇・芸能・工芸・料理などだ。

だから、星空のような無形のものは世界遺産には指定されない。

そして、モンゴルで最も素晴らしい見どころはこの星空と草原だ。世界遺産には指定されていないが、モンゴル最高の見どころ

素晴らしい星空の写真、草原の写真もある。それはそれで素晴らしいのだが、やはり実際に自分の身体を使って見る光景とは隔たりがある。

馬に乗って果てのない草原を走り回る。気持ちいい! 馬に乗ったことの無い方でも大丈夫。私もそうだったので。

私のような不器用な人間でもなんとか馬を走らせることはできた。後でちょっとお尻や腰が痛くなったくらいだ。

草原に寝転んで360度に広がる星空を眺める。視界いっぱいに広がる星、星、星! 数え切れない星々! 最高の瞬間だ。断言するが、このためだけにでもモンゴルに行く価値はある。

食事の酷さや衛生状態の悪さなどを補って余りあるものなので、一度は体験してみてほしい。

ちなみに私はウランバートルの西、ハラホリン(カラコムル)からオルホンの滝へ行く途中の草原でキャンプをした。

その夜に見た星空が本当に壮観だったのだが、モンゴルは広い。もっと凄い星空が見れる場所もあるのだろう。そういった場所があるなら是非また行ってみたいものだ。

ゴビ砂漠

モンゴル南部にはゴビ砂漠がある。砂漠とはいっても一面砂で覆われたようなものではなく、どちらかというと荒地、荒野に近い地形。

モンゴル南部、ゴビの大地の町ダランザドガドからは、移動する砂丘のモルツォグ砂丘や、恐竜の卵の化石が見つかったバヤンザグ、「鷲の谷」と呼ばれるヨリーン・アム渓谷といった場所を見回ることができる。

ナーダム

毎年7月11日~13日に国を挙げて行われるモンゴル最大のお祭りだ。相撲、競馬、弓の3種の競技が開催され、馬頭琴の演奏や伝統舞踊が行われたりもする。

大人の男性のみが参加でき最も人気の高いモンゴル相撲、子ども達が騎手となって行われる競馬、個人戦と団体戦があり老若男女が参加する弓射。

この三種の競技を中心とした年に一回だけの祝祭がナーダムだ。時期が合うなら是非観戦してみたい。

モンゴルの体験 3点

モンゴルの音楽や舞踊、モンゴルの自然を活かしたアクティビティが楽しい。3点

モンゴルのエンターテイメント

モンゴルで是非聴いてみてほしいのが、オルティン・ドー(長い歌)だ。モンゴル民謡の一分野で、草原やゲルの中で聴く機会があるだろう。生で聴くと、その圧倒的な声量に驚かされる。

マイクも何も使っていないのに物凄い声量! 人間って自分の体だけでこんな大きな音が出せるんだなあと感動する。

他にはボギン・ドー(短い歌)や、ホーミー(のど歌)、馬頭琴の演奏などもある。

ウランバートルならディスコやバーも賑わっており、ナイトライフが楽しめる。ただこういった店では喧嘩がよく起きたりもするのでご注意を。

モンゴルのアウトドア

モンゴルならではのアウトドアといえば乗馬だろう。草原を馬に乗って走るというのが、私達の多くがモンゴルに抱いているイメージではないだろうか。

馬に乗るだけなら他の国でもできるのだが、果ての無い広い草原を走り回れるのはモンゴルならでは。

馬以外にもラクダ(フタコブラクダ)に乗って走ることもできる。

モンゴルでは登山も楽しめる。8月~10月が登山のベストシーズン。アルタイ山脈やハンガイ山脈、ヘンティ山地などの3000~4000メートル級の山々を登ることができる。

ほとんどの山域は開放されているものの、ガイドや通訳を雇って山を信仰する地元の人達の了解をとっておくことが必要だ。

モンゴル民謡の鑑賞や乗馬体験は大抵のツアーに組み込まれているだろう。個人で手配する場合はウランバートルのホテルや旅行会社で頼んで参加することもできる。

モンゴルの安全度 2点

治安は悪め2点

ウランバートルは特に治安悪し

モンゴルの首都ウランバートルはモンゴル中、世界中から人が集まってきている。こういった場所にはありがちなのだが、ウランバートルはモンゴルの中でも特に治安が悪くなっている

詐欺、スリ、ひったくり、強盗、暴行、レイプ、等の犯罪が増加傾向にある。

経済の発展と物価の上昇に伴い、貧富の差も大きくなっている。

地方からウランバートルに来たものの仕事にありつけない人達がホームレスになり、その子ども達がマンホールチルドレン、ストリートチルドレンとなり社会問題にもなっている。旅行者はこういった子ども達にも注意しなければなりない。

スマートフォンなど高価なものは、多くの人がいる場所(ザハ(市場)、デパート等)ではむやみに使用しないほうが無難だ。ターゲットにされやすくなる。また、ザハ内など人混みを歩く場合はリュックやバックパックは前掛けにしよう。

エンフタイヴァン大通りのノミンデパート前は特にスリの被害が多くなっている。注意。

私の実体験。荷物を盗まれそうになったこと

ゲストハウス主催のモンゴル西部(カラコルム、オルホンの滝、ツェツェルレグなど)へのツアーに参加した後のことだ。最終日にウランバートルに戻ってきて、そのゲストハウスにそのまま宿泊した。

疲れてすぐ眠ってしまったのだが、バカなことに私は荷物を窓の近くに置いて眠っていた。1階の部屋だ。

真夜中の3時半ごろだっただろうか、ガタゴトと何かの物音で目が覚めました。ぼんやりとした頭で懐中電灯を点けると、何者かが窓の外から私の荷物を盗もうとしている! 

ともかく声を出して近づくと、人影は消えていった。寝起きでメガネを掛けていなかったので顔がよく見えなかったのだが、ゲストハウスで働いている男の子に似ていたような……。

あとになって急にすごく怖くなってきて、日が出てからすぐにそのゲストハウスをチェックアウトした。外国なのに、なんであんな所(窓の近く)に荷物置いてたんだ私は! 

何も盗られずに済んだのは本当に運が良かっただけだ。外国では自分の身は自分で守らないといならない。そんな当たり前のことに気付かされた。

モンゴルの食べ物 1点

羊羊羊……。1点!

もう羊は要らない! 物理的にも精神的にも。羊(マトン)大好きな人には天国なのかもしれないが、私にはキツかった。羊肉、羊内臓など羊尽くしでございました。

蒸し餃子のボーズ、揚げ餃子のホーショール、ロシアで有名なピロシキ(パン。焼いた物と揚げた物がある)などは比較的おいしい。私はこれらばかりを好んで食べていた。そして激しくお腹を下した。油がたくさん使われているから……。

乳製品は比較的イイ。スーテイツァイ(ミルクティー)は熱湯を使ってるので多少は安心して飲める。甘くて美味しい。しっかり沸騰させていないお湯が使われていることもあるけれど。

手作りバターのウルムアールールビャスラグなどのチーズ類もまだいける。お腹を壊していた時にもらったアイラグ(馬乳酒)は、飲めなくはないけれど非常にすっぱかった。あまり美味しい物ではないと感じた。健康には良いらしいのだが。

羊肉が基本のモンゴル料理だが、ご飯ものや麺類もすこしある。焼き飯のようなもの(ボタテイ・ホールガ)や肉うどんのようなもの(ゴリルタイ・シュル)など。こういった物もやっぱり羊肉が入っていることが多い。

モンゴルの人達、特に大人の男性はお酒が好きな方が多く、アルヒ(モンゴルのウォッカ)が好まれている。かなり度数が高い(40度)お酒なので、飲むときには覚悟して。酔っ払いと絡むとトラブルが起きやすいのでその辺りもご注意を。

ウランバートルならイタリアンなどのヨーロッパ料理店やインド、韓国、中国料理のレストランがあって大変に助かる。ちなみに普通のモンゴル料理の食堂はゴアンズと呼ばれている。

モンゴルは好きな国なのだが、食事に関してはどうやっても褒め難い……。

モンゴルの清潔さ 1点

1点

水道水は飲まないこと。煮沸して冷ました水かペットボトルの水を飲もう。

モンゴルトイレ。草原でもよおした時は?

ホテルのトイレでさえ水が流れなかったり、そもそもホテル全体で水が止まったり、といったことが起こりえる。評判の良いしっかりとしたホテルを選ぶべきだろう。ツアー参加ならそこまで心配することはないかもしれない。

紙が流せないトイレも多い。トイレ内に使用済みペーパー用のゴミ箱がある場合は、使った紙をそちらに捨てよう。さもないとトイレが詰まってしまう。

そして当たり前なのだが、草原にはトイレがない

Q:草原ではトイレはどうするの?

A:草むらでどうぞ。

ない物はしょうがない。生い茂った木々の間や草むらでトイレを済ませよう。可能ならば穴を掘ってその中に済ませる。川など水場のそばはダメ。水源を汚染してしまうので。

場所によってはトイレ用の小屋がある場合もあるが、地面に穴があいているだけ、穴の開いた板があるだけ、ということが多い。衛生状態も悪い。

実際のところ、慣れてしまえば汚いトイレよりは野外でする方がはるかに快適だ。慣れてしまえばの話だし、野外でするのは自然環境にもよくないのだけれど……。

また、ウランバートルのホテルでは大抵シャワーが使えるが、地方ではシャワーが無い場合も多い。ウェットティッシュがあると非常に助かるだろう。

モンゴルではお腹を壊しやすい

レストランや屋台の衛生状態はよくない場合が多い。可能ならば評判の良い店で食事をしよう。ゲル(モンゴルの移動式住居)での食事も同様。水も硬水で油の質もよくないので、お腹を壊して下痢・軟便になることがよくある。

あまり気にしすぎていてもせっかくのモンゴルを楽しめないので、多少はお腹を壊す前提で旅行するのがいいかもしれない。

ちょっとした下痢ならば、下痢止めなどは使わず悪い物を出し切ってしまうのが一番だ。水分はしっかりと摂ること。

ただ、酷すぎる下痢や死にそうなほどの体調不良の場合は別だ。モンゴルの医療水準は低く、そもそも近辺に薬局や病院が無い場合も多い。

薬類はしっかりと携行しておくべきだ。痛み止め、風邪薬、解熱剤、胃腸薬など。

夏季には蚊や蝿も多いので、虫除けスプレーや蚊取り線香が必携だ。日差し対策に帽子や日焼け止めもあったほうがよいだろう。

細菌性の下痢赤痢の場合は日本で売ってる市販の胃腸薬では効果が薄い。正露丸なども効かない。事前にお医者さんに相談し、シプロフロキサシンやクラビットなどの抗生物質を処方してもらっておくと安心だ。

なおモンゴルではペスト(タルバガンという齧歯類や、そのノミの媒介で人に感染)、狂犬病(犬、狼、猫、ラクダ、馬などから感染)、ダニ媒介性脳炎・蝿蛆症(ようそしょう)・ライム病(ダニや蝿から感染)などの日本では見られない感染症も存在している。

野生動物や家畜にはうかつに近づかないようにしよう。

大きな怪我をしてしまうとモンゴルの医療施設では対応できないことも多く、日本まで緊急搬送されることになりかねない。莫大な費用が掛かってしまう。気をつけて楽しく旅行したいものだ。

モンゴルの人と言葉 4.5点

モンゴル人の、人は良い。しかし、ウランバートルのような都会と地方とでは差を感じるかもしれない。遊牧をしている人は極度の乾燥や極寒の冬など、助け合わねば生きていけないような厳しい環境の中で生活されている。

そういった方達は旅行者にも優しい。ただ、その気性・性格は、甘いのではなく厳しく優しい感じがある。4.5点

悪:優しさの質が日本とは違うかも

日本的な「細やかな気づかい」のようなものはあまり無いかもしれない。優しさの質が日本とは異なるように感じる。人によっては大雑把で乱暴で、全然優しくない!と感じるかもしれない。

おおらかで細かいことは気にしない。初めて会った人でも「ガッハッハ!」と肩を叩いて酒を酌み交わすようなイメージ(あくまでイメージ)。こういうのは苦手な人もいるだろう。

私にとって衝撃的だったシーンがある。ウランバートル発の列車が発車する直前のことだ。列車が動き始めてからも乗り込もうとする人がたくさんいたのだが。

車掌?の女性が乗ってくる人達を思いっきり蹴って追い返していた。もう思い切りキックして蹴りまくっていた。そうでもしないと乗り込んでくるのだろうけど……。すごいな、としか言えない。蹴られなくてよかった……。

良:モンゴルのもてなし。親切

過酷な環境で生きていることもあってか旅人や旅行者を手助けしたり、もてなしてくれる方が多い。私の実体験を少しあげてみよう。

一緒にホテルを探してくれたおじいさん

ウランバートルにて、目的のホテルがなかなか見つからず噴水に腰を下ろして一休みしていた時のことだ。私の隣におじいさんが座ってこられたので、思いきって地図をみせて道を尋ねてみた。

もちろん私はモンゴル語なんて話せないので、身振り手振りやガイドブックのモンゴル語コーナーを駆使して説明した。そうこうしていると、なぜだか一緒に歩き回って探してくれることに。

あっちを歩き、こっちを歩きと一緒に探し回った。途中で友人らしき別のおじいさんも加わってさらに歩く。そうしてやっと目的のホテルにたどり着いた。もう感謝しかない。モンゴルのお爺さん優しい。

お礼代わりに一緒に写真を撮ってその場で渡した。ありがとうございました。

苦しいとき、困ってる時に助けてくれた人々

列車で激しい腹痛に苦しんでいたときには、同じコンパートメントに居た家族に薬を貰った。助かりました!

モンゴル南部の町ダランザドガドにて、(元?)軍人のおじいさん(アイヴルさん)には車を出してもらった。ヨリーン・アム渓谷モルツォグ砂丘バヤンザグなどを一通り回ることができた。お金は支払ったんだけれど安いものだ。

ダランザドガドからウランバートルへの車に乗り合わせた中年の男性(バイルサワーさん)には、彼のゲル(モンゴルの移動式住居)に宿泊させてもらって、ザハ(市場)まで送って貰いた。

道中ではご飯やお酒をおごってもらったり、銃を持たせてもらったり、お礼に写真をあげたりと色々あった。金銭などは最後まで要求されなかった。非常にお世話になりました。心から感謝。

英語はあまり通じない

言語はモンゴル語。一般のモンゴル人には英語はあまり通じない

モンゴルは親日的な国だ。2004年に在モンゴル日本国大使館が実施した世論調査では、「最も親しくすべき国」として日本が第1位になっている。

朝青龍、白鵬、日馬富士、鶴竜、旭天鵬、照ノ富士と、モンゴル人力士が日本の相撲界で活躍していたり、私達日本人と顔立ちが似ていたりと、モンゴルは何かと親しみがある国だ。

とはいえ、日本への留学経験がある方などが日本語を喋れたりする、といった例外を除いて、基本的には日本語も通じないと思っていた方が無難。

数語のモンゴル語を覚えておくだけで旅行が楽しくなる。

  • サェンバェノー(こんにちは)
  • バイラルラ(ありがとう)
  • ヤマルウンテーウェ?(いくら?)

この3つだけでも覚えておこう。いざとなったら大げさな身振り手振りで表現すれば案外通じる。

ロシアが近いので、モンゴルではロシア語が通じることもある。

モンゴルの物価とお土産 4点

経済発展にともない物価は急上昇しているが、日本と比べるとまだまだ安い。4点

モンゴルの物価と両替

通貨はトゥグリク(TgまたはMNT)。トグログ、トゥグリグ、トゥグルグと表記されることも。2016年4月現在、1円=約18.3トゥグリク。100円=約1830トゥグリクとなっている。1ドル=約2047トゥグリク。両替は銀行や両替所で可能。

ウランバートルでは日本円も両替可能だが、地方だとトゥグリクかUSドルしか通じない場合がほとんど。

ウランバートルなどの大きな街ではATMも増えてきているので、クレジットカードのキャッシングや国際キャッシュカードで現地通貨を引き出すことができる。

ペットボトルの水1本が500~800トゥグリク(約30円~45円)程度で購入できる。

食事はボーズ(モンゴル蒸し餃子)やホーショール(モンゴル揚げ餃子)などモンゴルスナックなら1個40円~50円程度から。ゴアンズ(食堂)での食事なら200円程度から食べることができる。

キレイなレストランで食べるなら500円~数千円。

宿泊は最も安いゲストハウスなら6~8ドル(700円~900円)から泊まることができるが、清潔で快適なホテルに泊まりたいなら50ドル(約6000円)以上のホテルに宿泊するのが無難だろう。数万円以上の高級ホテルもウランバートルにはある。

ウランバートルの市内バスは500トゥグリク(約30円)と非常に安いのだが、外国人にはルートが分かり辛くスリも多いのでおすすめはできない。

モンゴルのショッピング

ショッピング目的でモンゴルを訪れる方はいないかと思う。お土産に買って帰るなら、乾燥チーズチベット仏教の民芸品カシミヤ製品などだろうか。馬頭琴など楽器は日本に持ち帰るなら手続きが必要な場合があるので注意。

ノミンデパートやウランバートルデパートといったお店もあるが、せっかくモンゴルに来たのならザハ(市場)で買い物をしたいところだ。ウランバートルにはモンゴル最大のナラントール・ザハがある。

ザハの広大な敷地内ではあらゆる物が売られている。モンゴルの民族衣装のデールはもちろん、移動式住居のゲルまで売られていたりする。ぶらぶらと眺め歩くだけでも楽しい場所だ。

ただし、人が非常に多く混雑しており、スリやひったくりが多いので警戒が必要だ。

モンゴルに行くなら泊まりたい!おすすめホテル

ケンピンスキーホテル・ハーンパレス(Kempinski Hotel Khan Palace)

ウランバートルの中心から少し東に外れた場所にあるドイツ資本の高級ホテル。モンゴルでは珍しく、水周りがとても清潔。ウォシュレットや空気清浄機もあり、快適にすごせるホテルだ。

ジムやサウナも完備されている。ホテルスタッフの対応も丁寧との評判だ。日本語が話せるスタッフもいて安心。

モンゴルのおすすめオプショナルツアー

遊牧民体験や、乗馬体験のオプショナルツアーなどがある。

モンゴルの基本情報:費用、アクセス、服装、チップなど

モンゴルってどこにある国?

モンゴル旅行の費用はどれくらい?

ツアーの旅行代金
ほとんどのツアーが夏季のみとなっている。ツアー代金は4日間で約15万円~。せっかくモンゴルに行くならもう少し日数が欲しいところだ。8日間で約24万円~。
 

モンゴルへのアクセス

日本からはモンゴルの首都ウランバートルへ直行便のフライトが出ている。羽田空港成田国際空港、からなら直行便で約5時間~5時間半。関西国際空港からなら直行便で約4時間

モンゴルへの入国・時差

観光目的で30日以内の滞在ならビザ(査証)は必要ない。それ以上の期間滞在するならビザが必要だ。また、入国時にパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要だ。

日本との時差はマイナス1時間。日本が正午の時はウランバートルでは11時。モンゴル西部では時差がマイナス2時間になる。

モンゴルの気候と服装

旅行のベストシーズンは7月~8月の夏季。気温が高く過ごしやすい季節。一年の中で最も雨の多い季節なのだが、それでも日本に比べると半分以下の降水量だ。日中と朝・夜の気温の差が激しいので、防寒着が必要となる。

春は吹雪や砂嵐など天候が激しく不安定で、秋は一気に気温が下がってゆき冬に移り、冬は平均気温がマイナス10度以下。川が凍りつく季節だ。

服装はカジュアルで動きやすいもので大丈夫。虫や寒さ対策に長袖の服やフリースなどの上着は必要だろう。

モンゴルの電気事情

モンゴルの電圧は220V、50Hz。電圧が日本と異なるので海外対応の家電製品でなければ使用できない。また、コンセントの形状はB型、B3型、C型で、C型が主流。

日本のコンセントと異なる場合も多いので、マルチ電源プラグや変換プラグを持っていくのが無難だろう。

最近の携帯電話・スマホやデジタルカメラは大抵は海外の電圧に対応している。コンセントとプラグの形さえ合えば充電も可能だろう(念の為マニュアルなど調べた方がいい)。

モンゴルのインターネット環境

ウランバートルならホテルやカフェ、レストランなどで無料のWi-Fiが普及してきている。地方ではインターネットカフェ、もしくは郵便局などでネットが使えることがある。

モンゴルの習慣とチップ

チップの習慣はない。枕銭なども必要なし。感謝の気持ちをどうしても表したいときなどにスタッフに渡すのが良いだろう。

モンゴルまとめ

モンゴルは魅力的な国だ。広大な草原。満点の星空。遊牧民の生活……。他ではなかなかできない素敵な体験をすることができる。

しかし、旅行しやすい国ではないし清潔で安全な国でもない。その点では人を選ぶ旅行先と言えるだろう。

怖いこともしんどいことも色々あったが私はモンゴルが大好きだ。あの草原と星空だけでもモンゴルへ行く価値は十分にあった。経済の発展に伴いどんどん変化していくモンゴルだが、草原と星空だけはそのままでいてほしいものだ。

それでは、よい旅を!


[最終更新日]2017/12/28