カザフスタン旅行の魅力を紹介!おすすめの観光地や治安など7項目の評価で徹底解説

 

カザフスタン共和国
(Republic of Kazakhstan)

見どころ4点まだ未知数な部分が多い
体験3点登山、乗馬、スキーなど
安全度3点注意していれば問題ない
食べ物2点遊牧民由来は何故こうも……
清潔さ3点それほど酷くはない
人の良さ3点悪くはない
物価3点上昇中。不安定

カザフスタンは世界で9番目に大きな国土を持つ国。内陸国としては世界最大の国だ。首都は2017年には万博が開かれた未来都市・アスタナ

巨大な国土の大部分は砂漠やステップ。そしてロシア、キルギス、中国、モンゴルをまたいで天山山脈やアルタイ山脈、ウラル山脈といった山々が連なる。観光業はまだまだ開発途上。これからの国だ。

カザフスタンの見どころ・観光地 4点

世界遺産にもなっているイスラーム建築や壮大な山脈、自然保護区が見どころ。4点

カザフスタンの世界遺産

カザフスタンには4つの世界遺産がある。

  1. サリャルカ 北カザフスタンのステップと湖群
  2. シルクロード 天山回廊の交易網
  3. タムガリの考古的景観の岩絵群
  4. ホジャ・アフメッド・ヤサウイ廊

1のみ自然遺産で、2~3は文化遺産。

1のサリャルカは首都のアスタナ南西200kmに位置する塩湖、テンギス湖周辺など。1600万羽にもおよぶ鳥類の餌場となっており、膨大な水鳥の巣が存在する。

2は中国の西安からローマまでの8700kmにもおよぶシルクロードの一部。カザフスタンではアルマティが観光の拠点になる。

3のタムガリはアルマティから北西へ180km。14世紀から20世紀初頭までに描かれたユニークな岩絵が5000点以上も残っており、考古学的価値が高い。

4のホジャ・アフメッド・ヤサウイ廊はウズベキスタン国境に近いシムケントの町から車で約3時間、トルキスタンの町にある。

ヤサウイ教団を創設してイスラームを布教した聖人、ホジャ・アフメッド・ヤサウイが祀られている場所だ。

中央アジアの歴史的建築物の中でも最大級のもので、高さ44m、ドームの直径は22mもの大きさ。ブルータイルのドームが鮮やか。

カザフスタン:世界遺産以外のおすすめ見どころ

未来都市アスタナと最大都市アルマティ

カザフスタンの首都アスタナは成長を続ける街だ。アスタナを象徴するモニュメント・バイテレクに代表されるように近未来的な奇抜な建物が多い。

中央アジア最大級の白亜の巨大モスク、ハズレット・スルタン・モスクが2012年に完成している。

このアスタナの都市計画は日本人建築家の黒川紀章氏(故人)が手がけたもの。2017年にはアスタナ万博(アスタナ国際博覧会)が開催予定。

カザフスタン最大の都市アルマティはアスタナの1つ前の首都。首都がアスタナに移転された後でも南の首都と呼ばれる風光明媚な街だ。

百貨店や中央バザールで買物をするのもいいだろう。ゼンコフ正教教会がそびえる28人のパンフィロフ戦士公園は結婚式の記念撮影がよく行われる公園で観光名所にもなっている。

ちなみにアルマティ(アルマトゥ、アルマトイとも表記される)とは、「リンゴの里」という意味のカザフ語が語源。

アルマティの中心部から、南に15kmほどの場所にはメデウと呼ばれる渓谷がある。ここにはスケートリンクがあり、12月から4月の週末はスケートを楽しめる。

メデウのスケートリンクは世界で最も標高が高い(約1600m)場所に位置するといわれている。

カザフスタンの国立公園や自然保護区

あまり知られていないがカザフスタンには魅力的な国立公園や自然保護区が多く存在する。

アルマティから東に23kmほどの場所にはチャリン国立公園があり、公園内のチャリン・キャニオンは小さなグランドキャニオンと呼ばれている広大な渓谷だ。

アルマティから日帰りでの観光も可能だし、キャンプを行うこともできる。

アルマティの北東には希少動植物が豊富なアルトゥン・エメリ国立自然公園(Altyn Emel National Park)がある。

風の音が歌っているように聴こえることから歌う砂丘(Singing Dune)と呼ばれる大きな砂丘や、火星のようなアクタウの岩山と砂漠が見どころ。

この国立自然公園は個人ではアクセスが難しい場所にあるのでツアーに参加するのがいいだろう。

シムケントの東、キルギス国境に近い位置にはアクスジャバグリ自然保護区(Aksu-Zhabagly Nature Reserve)がある。

中央アジアで最も古くからある自然保護区だ。広大な自然保護区で標高には1100m~4200mの幅がある。こ

の自然保護区はチューリップの原種やリンゴの原種で有名。また姿を見せることは滅多にないが、ユキヒョウ(Snow Leopard)も生息している。

首都アスタナの東に位置するバヤナウル国立公園(Bayanaul National Park)はカザフスタンで最初の国立公園。カザフスタンの人達に人気の国立公園だ。

ジャスベイ湖(Lake Jasybay)のビーチで日光浴をする人が多く見られる。この国立公園には奇岩地帯があり、男性器に似た形状の岩(masculine dignity)や、禿頭の女性の岩、ラクダ、恐竜、円盤のように見える岩が知られている。

広大なカザフスタンの西の果て、マンギスタウ州アクタウの町からはトゥズバイル塩湖ウスチュルト台地へと訪れることができる。

トゥズバイル塩湖は白亜の断崖が広がる中にある塩湖で、水が張っている時には水面が鏡になったかのような幻想的な光景を楽しめる。

ウスチュルト台地はカザフスタンとウズベキスタンにまたがり20万平方kmにおよぶ範囲に広がっている。

大昔は海だった場所で、白い奇岩の数々にボスジラ(白い谷)や、スフィンクスのように見えるというシェルカラマウンテンといった見どころが点在している。

カザフスタンの体験 3点

乗馬や登山、スキーやスケート、マウンテンバイクなど。3点

カザフスタンはアラタウ山脈、アルタイ山脈、天山山脈、といった巨大な山脈に恵まれている。

軽いハイキングや乗馬にマウンテンバイクでのダウンヒル。そして本格的な登山まで経験や体力に応じたアクティビティを選べるだろう。ちなみにカザフスタン最高峰は天山山脈のハン・テングリ峰で標高7010m。

アルマティ南のメデウでは標高1600mのリンクでスケートが楽しめる。

アルマティ南東にはスキーリゾートとして有名なチムブラクがあり、レベルに合わせたスキーが楽しめる。スケートやスキー、スノーボードに関する物品はレンタルも可能。

カザフスタンの安全度 3点

カザフスタンの治安は注意していれば問題ないレベル。3点

特に用事がないなら夜間の外出は避けるべきだが、明るい場所や人通りの多い場所なら夜でも問題なく歩ける。ただし、警戒は絶対に必要だ。

窃盗や強盗といった犯罪は発生している。荷物は身体から離さない、最低でも目の届く所に置くといった警戒が必要だ。

観光地近くで親しげに話しかけてくる人もいるが、親切を装って外国人から金品を奪おうとする輩の可能性も高いので注意。アルマティやシムケントの住宅街、市場(バザール)、繁華街などで外国人を狙った犯罪が発生している。

イスラームの国なのでテロの可能性もゼロとは言えない。治安関係期間などテロの標的になる可能性のある場所には近寄らないよう気をつけるべきだろう。

警官や役人には特に注意

中央アジアの国々では警官や役人に煩わされることがよくある。カザフスタンでも同様だ。外国人を騙そうとするニセ警官もいるのだが、本物の警官が色々と難癖をつけてくることも多い。

警官がパスポートやビザのチェックをすること事態は問題ない(この時もパスポートは自分の手から離さないほうがいいが)。

ただ、パスポートチェックに乗じて財布もチェックし現金や金目のモノを抜き取る、ビザや滞在登録に難癖をつけて賄賂を要求する、そういった汚職警官も多いので特に注意!

カザフスタンの食べ物 2点

内陸の遊牧民の国は保存性などに重きをおくからだろうか、食べ物はいまひとつ。2点。

主食はナン。円形状のパンだ。肉は羊肉や馬肉が多く使われる。

カザフスタンの代表的な料理といえばベシュバルマク。「5本の指」という意味のこの料理はゆでた幅広の麺を肉の煮汁で調理したもの。

ウズベキスタンではプロフと呼ばれる米、肉、タマネギ、ニンジンを炊き込んで作るピラフにも似た料理はカザフスタンではパラウもしくはプロウと呼ばれる。

他にも肉の串焼きであるシャシュリクや、モツと野菜の煮込み料理クイルダク、ブラッドソーセージのキルマイなどがある。

麺料理の代表はラグマン。手延べ麺で作られたうどん風の麺料理。トマトベースのスープに羊肉、赤ピーマン、タマネギ、ニンジン、セロリなどの具が入っている。スープの有るものと無いものがある。

ナン以外の小麦粉を使用した料理では、カザフスタン伝統の丸めた生地を揚げたパンのバウルサク、餃子のようなスナックのマンティサムサなどもある。

乳製品では牛や羊の乳から作ったヨーグルトの水分を抜き乾燥させたクルトがある。酸っぱいチーズのような味。

飲み物に関してはヨーグルト飲料のアイランキミス(馬乳酒)、シュバット(ラクダ乳酒)などのほか、東欧やロシアで飲まれるライ麦と麦芽の発酵飲料クバスもカザフスタンでは飲まれている。

イスラム教の国ではあるがそこまで厳格ではないのでお酒も飲むことができる。上記のキミス、シュバット、クバスのほか、ウォッカやワインも親しまれている。

カザフスタンの清潔さ 3点

それなりに清潔3点

水道水は飲まないこと。ペットボトルの水を飲もう。ガス入りの水とガス無しの水が販売されているので気をつけよう。

カザフスタンのトイレ

公衆トイレは少なくあまりきれいではない場合が多いので、ホテルやレストラン等で済ませておこう。ホテルのトイレなら清潔さに問題はないだろう。

紙をそのまま流せるトイレもあるが紙が流せないトイレもある。使用したペーパーは備え付けのゴミ箱に入れよう。さもないと水道管が細いので詰まってしまう。

カザフスタンでは和式トイレの金隠しが無いバージョンのトイレもある。この和式タイプの場合は座る方向は日本と逆で、扉に顔を向けて座る。

お腹を壊したときには

ちょっとした下痢などはそれほど問題ない。水分を多くとって出す物を出していれば治っていく。

下痢止めは下痢状態でも長距離移動をしなければならない時など、どうしても必要な時のみ服用しよう。悪い物は出してしまわなければ毒だ。

1日に10回以上トイレに駆け込まなければならない、という状態が続く時のように本当に酷い下痢の時は病院へ。

細菌性の下痢赤痢の場合がある。こういった時は日本で売ってる市販の胃腸薬では効果が薄く、正露丸なども効果が無いことが多い。

どうしても不安な場合は出発前にお医者さんに相談し、シプロフロキサシンやクラビットなどの抗生物質を処方してもらうのがいいだろう。

カザフスタンの人と言葉 3点

親切で優しい人も多い。ただ、カザフスタン人の性格や気性というより、旧ソ連時代の名残だろうか。役人や店員さんはいまひとつな印象。また、汚職警官やニセ警官もいるので注意が必要。3点。

おおむね良い印象のない役人や店員さんだが、アルマティバスステーションのチケット売り場で対応してくれた女性はものすごく気持いい対応をしてくれた。当たり前だがどんな国であれ、良い人もいるし悪い人もいる。

アルマティからキルギスのビシュケクへの国際バスに乗ったときには、カザフ人のご主人とロシア人の奥さん夫婦にたいへん世話になった。

あれやこれやと世話を焼いてくれてとても親切にしてもらった。最後まで私のことを心配してくれていて、その気持ちに心が温かくなった。ありがとうございます。

英語はあまり通じない

国家語はカザフ語。公用語はロシア語。一般のカザフスタン人には英語はほとんど通じない。日本語はまず通じないだろう。

数語のカザフ語を覚えておくだけで旅行が楽しくなる。

  • サラメッスズベ(こんにちは) 
  • アッサラーム・アレイクム(こんにちは:ムスリムの方へのあいさつ)
  • ラフマット(ありがとう)
  • カンサ・トゥラディ?(いくら?)

この4つだけでも覚えておこう。いざとなったら大げさな身振り手振りで表現すれば案外通じる。

カザフスタンでは年配の方を中心にロシア語もよく通じる。

カザフスタンの物価とお土産 3点

物価は中央アジアでは最も高い。そして2015年8月に通貨が変動相場制に移行した。その影響もあってか物価は上昇している。3点

カザフスタンの通貨と両替

通貨はカザフスタン・テンゲ(KZT)。

2016年5月の時点では、1円=約3テンゲ1ドル=約327テンゲ

2015年8月までは1ドル=約185テンゲで固定。

両替所はアスタナやアルマティなら街中にたくさんある。日本円は両替が難しいのでUSドルを持っていこう。

この2つの街ならATMもよく見かけるので国際キャッシュカードや国際クレジットカードを持っていくと便利。ただし、相場の変動が激しいのでご注意を。

カザフスタンの物価

現在のカザフスタンは物価の変動が大きい。おおまかな目安に。

ペットボトルの水1本が約80円~。コーラ1本(500ml)が約120円~。

庶民的な食堂や屋台で食べるなら300円強~。レストランでディナーを食べるなら2000円~。ビッグマックのセットが500円程度。

宿泊費は他の物価に比べると高めに感じられる。もっとも安いホステルや民泊なら1500円程度~で宿泊できるが数は少なく見つけるのが難しい。

ビジネスホテルなら5000円程度~。

首都アスタナやアルマティにはハイアット・リージェンシーやインターコンチネンタル、ラディソンやマリオットといった外資系の高級ホテルがあり安心して宿泊できる。数万円~。

公共の交通機関は安く路線バスや地下鉄は100円以下で乗車できるが、値上げもよく行われる。

カザフスタンのショッピング

カザフスタンでショッピングするなら民芸品や工芸品、シルク(絹)の織物や絨毯などがいいだろう。バザールでの買物が楽しい。

アルマティやアスタナならツム百貨店に代表されるような大きいデパートもある。お酒が好きなら免税店でウォッカを買って帰るのもいいだろう。

カザフスタンに行くなら泊まりたい!おすすめホテル

リクソス アルマティ(Rixos Almaty)

未だ旧ソ連の慣習が残るカザフスタンではホテルスタッフのサービスもよろしくないことが多いが、リクソス アルマティのプロフェッショナルなサービスは非常に評判がいい。

部屋も快適でアメニティーも揃っている。朝食のビュッフェは各国の料理が揃っており、卵料理はシェフがその場で作ってくれるので出来たてが食べられる。

カザフスタンのおすすめオプショナルツアー

最大都市アルマティの一日観光や、チャリン国立公園内チャリン・キャニオンへのミニハイキングツアーなどがある。

カザフスタンの基本情報:費用、アクセス、服装、チップなど

カザフスタンってどこにある国?

カザフスタン旅行の費用はどれくらい?

ツアーの旅行代金
5日間で13万円程度から、12日間で45万円程度まで。

カザフスタンへのアクセス

日本からカザフスタンへの直行便のフライトはない。ソウル、北京、ウルムチ、バンコク、モスクワ、イスタンブール、中央アジアの諸国などからフライトが出ている。

ロシアのモスクワや中国のウルムチからは列車の国際線が運行されている。

アゼルバイジャンのバクーからカスピ海を渡ってカザフスタンのアクタウに着く不定期の船便も出ていることがある。

カザフスタンへの入国・時差

以前はカザフスタンへの入国にはビザが必要だったが、2015年7月16日から2017年12月31日まで国境通過後15日間までに限り、カザフスタンビザが免除される(この期間が延長されるかどうかは現時点では不明)。

15日より多く滞在するにはビザの取得が必要。空港でのアライバルビザ取得はできないので、あらかじめ日本もしくは周辺国で取得しておく必要がある。

所持金が1万USドル相当の金額以下なら、所持金の税関申告は不要。だが、貴金属やカメラ、スマートフォンなどの高価な品物は申告の必要がある。

カザフスタン入国後5日以内に滞在登録(レギストラーツィア)が必要となっている。

空路で入国した場合は空港での入国審査時に90日間の滞在登録が行われる。陸路で入国して5日より長く滞在する場合には役所(オヴィール)での手続きが必要となる。

日本との時差はマイナス3時間。日本が夜7時(19:00)の時、カザフスタンでは午後4時(16:00)。

カザフスタンの気候と服装

カザフスタンは広大な国なので同じ国の中でも気候の差が大きい。

旅行のベストシーズンは6月~9月。全体的に気候が穏やかな時期。首都のアスタナはカザフスタンの中でも北に位置するので冬の寒さが特に厳しい。

最大の都市アルマティはアルタナに比べると寒さはマシだが夏の暑さがやや厳しくなる。

基本的に乾燥しているので年間を通じて雨量は少なめ。脱水症状や日射病には気をつけよう。

カザフスタンはイスラームの国だ。それほど厳格な国ではないが、施設によっては肌の露出が多い服装は入場を断られることもある。

日差しの強い夏は帽子やサングラスが役に立つ。春や秋には昼間は暖かかったのに日が落ちると急に寒くなることもある。重ね着ができる防寒具があったほうがいい。

冬の寒さは非常に厳しいのでしっかりとした防寒対策を。

カザフスタンの電気事情

カザフスタンの電圧は220V、50Hz。電圧が日本と異なるので海外対応の家電製品でなければ使用できない。また、コンセントの形状はC型。

日本のコンセントとは異なるのでマルチ電源プラグや変換プラグを持っていくのがよいだろう。

最近のスマートフォンやデジタルカメラは大抵は海外の電圧に対応している。コンセントとプラグの形さえ合えば充電も可能だろう(念の為マニュアルなど調べた方がいい)。

カザフスタン国内の交通

バスやトラム、タクシーなど。小型の乗り合いバスはマルシュルートカと呼ばれる。最大の都市アルマティではメトロ(地下鉄)が通っている。長距離の移動は列車や長距離バス、飛行機などで。

カザフスタンのインターネット環境

首都アスタナや最大都市のアルマティではホテルやカフェでWi-Fiが使える場所が多くなってきている。回線は遅め。インターネットカフェもある。

カザフスタンの習慣とチップ

基本的にはチップの習慣はないが、観光地のレストランなどでは外国人はチップを期待されることもある。

カザフスタンまとめ

近未来都市アスタナと最大都市アルマティに代表される都会の街。荘厳な山々や湖や自然保護区といった大自然。カザフスタンは広い国土に多様な顔を見せる国だ。

英語も通じにくく観光産業はまだまだ発展途上なので、魅力的な場所があっても訪れるのが難しいことが多い。

各地の国立公園や自然保護区がもう少し訪れやすくなればカザフスタンへの旅行者も増えていくだろう。観光客が多くなり過ぎる前に訪れておくのもいいかもしれない。

それでは、よい旅を!


[最終更新日]2017/12/28