ウルグアイまとめページへ戻る

ウルグアイの物価はどれくらい?お土産は何がどこで買える?

ウルグアイの具体的な物価はこちらお土産は何がどこで買えるかはこちら

ウルグアイ物価の世界ランキング
Cost of Living(Numbeo) 30位(115国中)
Cost of Living(Expatistan) 32位(107国中)
ビッグマック1個 502.7円(57国中15位)
スターバックス ラテ(トール) 無し

★上記データは2018年2月9日時点。本ページの価格は1ウルグアイペソ=3.9円で計算★

◆Cost of Living
データベースサイトNUMBEO(英語)Expatistan(英語)の国別Cost of Living(生活費)ランキング。

ランキングは膨大な訪問者の投稿を元に作成されており、順位が高いほど生活費が高い国になっている。   

ウルグアイのランクはNUMBEOが30位、Expatistanが32位と似た結果だ。日本はNUMBEOが9位、Expatistanが21位。

ウルグアイよりランクが上の国(=生活費が高い国)は、欧米や日本・シンガポールといった先進国がほとんど。

逆に、ヨーロッパでもポルトガルやギリシャはウルグアイよりやや下のランク。南米ではチリやアルゼンチンを抑えてウルグアイが一位になっており、ウルグアイの物価の高さがうかがえる。

ウルグアイまとめページにも書いたが、ウルグアイの物価はほとんど西ヨーロッパと変わらない水準だ。スペインに近いかも。

以上のデータに私が実際に訪れた経験を加えて考え、当ブログ(たびずき!)ではウルグアイの物価を2とした。

ハンバーガーとコーラのイラスト◆ビッグマック、スターバックス ラテ
ビッグマック指数より。こちらはオマケ程度の参考に。それにしてもビッグマック1個が502.7円!? 高い! 

ちなみに日本は37位。1位はスイス748.3円。最下位の57位はウクライナ188.5円となっている。

スターバックス ラテはデータがまだ無い。2018年にウルグアイ初のスターバックスができる予定だ。

◆首都モンテビデオの参考価格

  • ランチ::1330円
  • ビール500ml(スーパー):234円
  • コーラ2リットル:347円
  • ガソリン1リットル:179円
  • タクシー8km:1630円
  • 風邪薬6日分:690円
  • 私立病院の診察15分:5058円
  • タンポン1箱:1049円
  • トイレットペーパー4個:218円
  • ディナー2人分:3916円
  • ビール500ml(パブ):589円
  • 通話1分(携帯。割引なし):18円
  • タバコ1箱(マルボロ):480円

この参考平均価格はExpatistanより引用させて頂いた(2月8日時点)。

ウルグアイまとめページにも書いたが、他にはエンパナーダやホットドッグ、サンドイッチなら数百円程度~。小さいペットボトルの水1本100円~。

ホテルに関してはドミトリー形式のホステルで1800円程度~。通常のホテルは5000円以上は必要になってくる。ラディソンなど名の通った高級ホテルは数万円~。

ウルグアイのお土産とショッピング

コロニア・デル・サクラメントの織物土産の写真
コロニア・デル・サクラメントの皮製品
↑の写真はコロニア・デル・サクラメントで売られていた織物のバッグや革製品。

お土産物は何を買う?

  • 革製品:ウルグアイの名産。品質のよいレザージャケットや牛革のバッグ・財布・ベルト
  • 羊製品:羊毛のじゅうたんや羊革製品も品質がよく、ウルグアイウールとして有名
  • マテ茶:マテ茶の茶葉やマテ茶用の茶器
  • ドゥルセ・デ・レチェ(Dulce de Leche):キャラメルのような砂糖菓子。パンに塗ったりして食べる
  • ワイン:タナ種のワインが有名。ワインはスーパーでも売られている

他にもたくさんあると思うが、代表的なウルグアイ土産を挙げてみた。

なお日本の税関では、ワイン等のお酒類は760ml程度のもの×3本まで無税で持ち込める。それより多いと税金がかかり、10kg以上だと届け出が必要。

ウルグアイ、モンテビデオの旧市街。憲法広場の噴水の写真です
モンテビデオ、憲法広場の噴水

お土産物はどこで買える?

  • サタデーマーケット:毎週土曜日。旧市街の憲法広場(Plaza ConstitucionもしくはPlaza Matrizとも)で催される、のみの市。日用品からアンティークまでバラエティに富む品物が売られている。お土産探しにいいかも。→地図へのリンク
  • トリスタン・ナルバハ市場(Feria de Tristán Narvaja):毎週日曜日。ウルグアイ最大で一番人気の伝統的ストリートマーケット。衣料品、古本、アンティーク、果物など何でも売られている。→地図へのリンク
  • マノス・デル・ウルグアイ(Manos del Uruguay):ウルグアイ女性の伝統工芸職人の協同組合。高品質なウール製品が名高い。モンテビデオに5店舗ある。→地図へのリンク
  • アルテサノス市場(Mercado de los Artesanos):手工芸品の露店が多数集まった場所。アーティスト達が共同で出店している。ハンディクラフト探しに良い。クラフツマンマーケット(Craftsmen market)。→地図へのリンク
  • ショッピングモール:モンテビデオショッピングセンターや、プンタ・カレタス・ショッピング等のモールがある

上記はすべてモンテビデオだが、マノス・デル・ウルグアイはプンタ・デル・エステコロニア・デル・サクラメントにも店舗がある。

このマノス・デル・ウルグアイはオンラインショップもある(英語)ので、どんな商品があるのか見てみるのもいいだろう。

サタデーマーケットの憲法広場はたくさんの緑や噴水があり、ストリートパフォーマーが芸を披露してくれる時もある。買うものが無くても楽しく散歩ができる場所だ。

ここで挙げた場所以外でももちろん、小さい商店やスーパーで日本には売っていないようなお菓子を買ったりすることもできる。

普通のスーパーでも日本とは全然違ってなかなか楽しいものだ。

ウルグアイまとめページへ戻る


[最終更新日]2018/04/20

コメントする